銀行より消費者金融の方がローン審査が緩いんでしょうか?

銀行より消費者金融の方がローン審査が緩いんでしょうか?

昨年、会社が倒産してしまったので現在は専業主婦状態です。急に収入が減ってしまったので家計のやりくりが大変です。カードを作ってお金の借り入れをしたいのですが、銀行と消費者金融のどちらがオススメでしょうか。銀行より消費者金融の方が金利が高い分審査が緩くて主婦でも審査に通りやすいんでしょうか?

一概にそうとは言えない場合があります

消費者金融の方がカードローンの審査が緩いというのはよく言われていますよね。大手の業者だと、利用者の数が多い分柔軟な対応をしてくれる面があると思います。
また、確かに銀行の方が最高年率が15%前後と金利が低く、消費者金融の方はそれに比べると17~18%と高めです。そこを審査の時に会社が考慮しているのは確かなようです。

ただ、それで銀行の審査は厳しい、消費者金融は緩いと言いきれるかというと決してそうではないんですね。2006年に貸金業法が改正されて総量規制という仕組みが作られました。総量規制は『貸付の限度額は年収の3分の1まで』という法律です。消費者金融はこの規制を受けますので収入の無い人(無職や主婦の方)には、原則お金を貸せないことになっているんですね。ですから、専業主婦状態である今のあなたには消費者金融の審査に通るかは厳しいと思います。

ですが、家計を預かる主婦としてはそこで諦めるわけにもいきませんよね。旦那様の方はカードを持っていらっしゃるでしょうか?そのカードが対応しているならばの話ですが、『家族カード』を作るという方法があります。家族カードは旦那様の持つカードに付随するものと同じサービスを受けられる家族用のカードです。支払い明細書、引き落とし口座が同一になってしまいますので旦那様にお金の使い方が筒抜けになってしまうという弱点?もありますが家計の管理には便利だと思います。

また、最近ではアルバイト、パートでも定期的に安定した収入があるならばカードを作ることが出来る会社もあります。主に総量規制の対象外である銀行が対応しているようです。すぐに正規での再就職は無理でもとりあえずパートで半年間程お勤めすれば利用限度額は小額でしょうが、とりあえずカードが作れる可能性は高くなります。大変でしょうがカードを上手に利用して今の苦しい状況をを乗り越えられるよう頑張ってください。

ローン審査が格別緩い銀行やローン会社をお教えします

お金を借りるときに一番心配なのが、借入申し込みはしたけれど、審査に落ちてしまうということです。金融機関を何社もあたるよりも一発で審査に通りたいというのは誰しも思うことです。アルバイト、主婦、学生など定収入がなかったり、収入が少なかったりする人、また今までに借金をしていてまだ返済が終わっていない人は、特に不安に思うでしょう。

信頼度という面では、銀行のカードローンがお薦めです。銀行の借入の審査は厳しいという先入観があるかもしれませんが、インターネットの口コミ情報などでは、意外に簡単に審査に通ったという例もあります。アルバイト、主婦、学生も銀行でのローンが可能ですので、まずは銀行を利用することを考えてみてください。

他の金融機関に借金があって、まだ返済が終わらず、銀行の審査に通りそうもない場合は、銀行以外の審査の甘いローン会社のランキングを調べてみましょう。ただし、審査が甘いということは、信頼度も低い場合が少なからずあります。お金を借りた後に、返済が困難になったり、ますます借入が重なったりしないように、お金を借りる金融会社についての下調べはしっかりと行うことが大事です。

最後に、一つ注意したいことがあります。それは、審査の基準ばかりに目を奪われないで、借入後の金利についても事前に確認をしておくことです。金利が高いということは、借入金を払う時に損が大きいということです。必ず銀行や金融会社を何社か比較検討して、自分が返済できる範囲の金利を設定している会社を選んでください。