漫画家などフリーランスの仕事でもキャッシング出来るんですか?

漫画家などフリーランスの仕事でもキャッシング出来るんですか?

現在は会社に勤めつつ投稿を続けて将来的には漫画家を目指しています。ただ、心配なのは漫画家とかフリーランスの仕事ってカードが作れずキャッシングとかが出来ないという話を聞いたんですが本当でしょうか?もしそうだったら、いざという時とても困ると思うんですけど……。

大手の金融会社ならば作れる場合があります

確かに漫画家を始めとするフリーランスの方はカードを作りにくくキャッシングの審査にも通りづらいと聞きますよね。金融会社が審査の時に重要とするのは、ずばり、お金をきちんと返せる人かどうかってことですから、こう言ってはなんですが収入が多かったり少なかったりする職業の人がカードを利用するのは難しいかもしれません。だけど、だからと言ってまったく無理って訳でもないんです。

貸金業法が変わってから、消費者金融の方も貸すことの出来るお金に制限がかかるようになりました。業者さんの利益は利息や手数料ですから貸せるお金が減った分、お客さんの数の方を増やさなきゃいけないんですね。ですから、昔より業者さんの方も柔軟な対応をしてくれるところが増えました。正社員ではないアルバイトやパートの人でも安定した収入があるならば審査を受けられるようになったんです。同じようにフリーランスの人も相談によっては審査に通りカードを持つことが出来るようになりました。

ただ、審査の時に普通のお勤めの人たちとは若干違う手間がかかります。まず、フリーランスは在籍確認をとることが出来ませんね。普通ならばお勤め先に業者が電話をかけるだけで済むんですが、その代わりに仕事場や活動拠点の住所の確認をされます。収入証明書も源泉徴収票が無いので納税証明や確定申告の控えなどを提出しなければなりません。

その結果、フリーランスでも返済能力があると判断されたら、無事、カードが作れてキャッシングをすることが出来るようになるわけです。このように柔軟な対応をしてくれるのは、やはり色んなお客さんに対応してきた実績のある大手の金融会社です。中小の金融会社の方はおそらく難しいと思います。出来れば、フリーとして独立したあとは早めに屋号を決めて実績を積んだ方がのちのち金融関係においては有利になりますよ。

収入不安定な漫画家も楽々キャッシング審査に通る法

キャッシングの審査では、不安定な収入の人は通りにくいと一般的には言われています。例えば漫画家です。サラリーマンや公務員は安定した収入があり、勤続年数も長いとみなされるので審査は通りやすいでしょう。サラリーマンでも中小企業より、大企業に勤務する方は収入も多いと判断されるので、審査には有利です。

一方、収入が不安定な職業としては、個人事業主や、フリーランスの職業(ライター、漫画家、デザイナーなど)、ホステスなどの接客業が挙げられます。定収入のない学生や主婦も同様です。それでは、不安定な収入の人は、どんな金融機関を選べば良いでしょうか。なかなかキャッシング審査に通らないのではないか、と不安になりますが、意外にも名の知れた金融会社でも、審査が比較的緩いところがあります。

ある金融会社では、20歳以上70歳未満であれば、申し込み前に仮審査を受けることでキャッシングが可能かどうかがある程度チェックできます。この仮審査は、各金融会社のホームページで、生年月日、性別、既婚がどうか、他の会社での借入状況を入力するだけの簡単なものです。さらに金融会社が期間限定で行っているキャンペーンを利用すれば、金利が無料になる場合もあり、より審査も通りやすくなります。

申し込みは、パソコンや携帯電話から24時間できますし、申し込み内容確認と審査の結果の通知も電話またはメールで行われます。そのため、最速で30分で審査が終了します。その後の本人確認書類送付もインターネット上で行うことができるので、即日契約が決まります。もし、審査に通らなかった場合もすぐに次の会社での審査に臨めるので、時間の節約になります。