アコムでお金を借りるのは安全でしょうか?

アコムでお金を借りるのは安全でしょうか?

つい最近、仕事の都合で引っ越しをしました。引っ越し代や新しい家具を買ったために生活費が苦しいのでキャッシングすることを考えています。やはり借りるならCMが多く流れている有名どころがいいのかなと思ってアコムから借りようと思っていますが、やはりいざ借りるとなると不安を感じます。アコムは本当に安心でしょうか?

アコムは銀行系列の信用のおける会社です

テレビCMでも有名な消費者金融の大手で、三菱UFJフィナンシャル・グループ系の業者です。三菱UFJフィナンシャル・グループとは三菱UFJ銀行、三菱UFJ信託銀行を含む主要5社を中心とした総合金融グループのことです。一世を風靡した『むじんくん』のCMの話を聞いたことはありませんか?むじんくんは、アコムが開発した世界で初めての自動契約機なのです。

この契約機の開発からもわかるようにアコムは融資においてスピードと便利さを重視しているようです。申込み後の審査が早く最短では30分で行われます。全国に無人契約機があり、カード、提携ATMがほとんどのコンビにで使えるというのも魅力です。最近ではスマートフォン専用のアプリも開発されて借入、返済がネット上で時と場所を選ばずに出来るというサービスも行われるようになりました。これらWEBでの申し込みと無人契約機を使いますと土日祝日でも即日キャッシングが可能です。

このようにアコムは信用性と利便性が高く、初めて消費者金融を利用する人にはオススメの業者です。WEB上にデモ審査というサービスがあり、借りる前に自分が審査に通ることが出来るのか、また、通ったとしてどういう風に返済をしていくのかを前もって計画できるところも初心者にはありがたいでしょう。返済回数も47回が基本となっていますので借入額が少ない時には返済が楽なのもメリットです。

ただし、長期的にカードを使い続けるとなると注意しなければならないこともあります。民間ゆえの金利の高さです。金利はやはり銀行のカードローンの方が低いのです。また、その便利さ手軽さに金銭感覚が麻痺してしまい、ついつい自分の返済能力以上の借り入れをしてしまう怖れもあります。返済計画と金利の計算はデモ審査や利息計算のツールなどを利用してしっかりと予測しておきましょう。それらを気をつけて計画的につきあっていけば、サービスの整った頼もしいパートナーになってくれる業者です。

初めてのキャッシングも株式会社アコムなら簡単!安全!

初めてキャッシングをする方には、株式会社アコムを利用することをお薦めします。テレビなどでよくCMを見ている方もいらっしゃると思いますが、株式会社アコムは手軽に安全にキャッシングができるため、多くの方が利用しています。最短30分で審査が終わり、即日キャッシングも可能ですし、インターネットやATMを利用すれば、24時間借入・返済ができます。今までお金を借りたことがない方にとっては、さまざまな不安があると思いますが、株式会社アコムでは、安心して返済ができるように窓口やお電話で丁寧にご相談にお答えしています。以下に申し込み方法を簡単に説明しましょう。

お申し込みは、窓口、自動契約機「むじんくん」、インターネット、電話、郵送でできます。窓口には、本人確認書類(運転免許証、健康保険証、パスポート)をお持ちください。住所が本人確認書類と異なる場合には、公共料金や社会保険料、税金の領収書が必要です。アコムで50万円以上の契約をする場合や、他社を含めて借入総金額が100万円を超える場合は収入証明書をご用意ください。銀行振替を希望する場合は、通帳の番号の控え、届け出印も必要です。窓口は、9時半か18時(一部19時)までで、土日祝日は休業、「むじんくん」は9時から21時(一部21時半)までで年中無休です。審査の後、即日カードが発行されます。

インターネットでは24時間申し込みが可能です。申し込み内容の確認がメールまたは電話であった後、本人確認書類確認があります。この書類はインターネット上にアップロードするか、アプリやファックスでも提出可能です。審査完了後にメールが届き、契約内容に同意をした後契約が完了します。

電話は、フリーコールを利用してください。その場で簡単な審査を行います。審査後に窓口や「むじんくん」で契約を行い、その場でカードが発行されます。郵送の場合は、まずフリーコールへ電話して、送付された書類に記入して送付します。審査結果を電話で聞いた後に契約書類とカードが届きます。

融資額は1万円から500万円です。20歳から69歳までの方が利用できます。金利は4.7%から18%。返済のシュミレーションがアコムのサイトで確認できます。不安な場合は窓口で直接説明を受けるのが良いでしょう。

このようにアコムでは、申し込みから融資までが大変スピーディで、安心して利用できる金融会社です。困った時にはぜひ、窓口やホームページから問い合わせてみましょう。

漫画家などフリーランスの仕事でもキャッシング出来るんですか?

漫画家などフリーランスの仕事でもキャッシング出来るんですか?

現在は会社に勤めつつ投稿を続けて将来的には漫画家を目指しています。ただ、心配なのは漫画家とかフリーランスの仕事ってカードが作れずキャッシングとかが出来ないという話を聞いたんですが本当でしょうか?もしそうだったら、いざという時とても困ると思うんですけど……。

大手の金融会社ならば作れる場合があります

確かに漫画家を始めとするフリーランスの方はカードを作りにくくキャッシングの審査にも通りづらいと聞きますよね。金融会社が審査の時に重要とするのは、ずばり、お金をきちんと返せる人かどうかってことですから、こう言ってはなんですが収入が多かったり少なかったりする職業の人がカードを利用するのは難しいかもしれません。だけど、だからと言ってまったく無理って訳でもないんです。

貸金業法が変わってから、消費者金融の方も貸すことの出来るお金に制限がかかるようになりました。業者さんの利益は利息や手数料ですから貸せるお金が減った分、お客さんの数の方を増やさなきゃいけないんですね。ですから、昔より業者さんの方も柔軟な対応をしてくれるところが増えました。正社員ではないアルバイトやパートの人でも安定した収入があるならば審査を受けられるようになったんです。同じようにフリーランスの人も相談によっては審査に通りカードを持つことが出来るようになりました。

ただ、審査の時に普通のお勤めの人たちとは若干違う手間がかかります。まず、フリーランスは在籍確認をとることが出来ませんね。普通ならばお勤め先に業者が電話をかけるだけで済むんですが、その代わりに仕事場や活動拠点の住所の確認をされます。収入証明書も源泉徴収票が無いので納税証明や確定申告の控えなどを提出しなければなりません。

その結果、フリーランスでも返済能力があると判断されたら、無事、カードが作れてキャッシングをすることが出来るようになるわけです。このように柔軟な対応をしてくれるのは、やはり色んなお客さんに対応してきた実績のある大手の金融会社です。中小の金融会社の方はおそらく難しいと思います。出来れば、フリーとして独立したあとは早めに屋号を決めて実績を積んだ方がのちのち金融関係においては有利になりますよ。

収入不安定な漫画家も楽々キャッシング審査に通る法

キャッシングの審査では、不安定な収入の人は通りにくいと一般的には言われています。例えば漫画家です。サラリーマンや公務員は安定した収入があり、勤続年数も長いとみなされるので審査は通りやすいでしょう。サラリーマンでも中小企業より、大企業に勤務する方は収入も多いと判断されるので、審査には有利です。

一方、収入が不安定な職業としては、個人事業主や、フリーランスの職業(ライター、漫画家、デザイナーなど)、ホステスなどの接客業が挙げられます。定収入のない学生や主婦も同様です。それでは、不安定な収入の人は、どんな金融機関を選べば良いでしょうか。なかなかキャッシング審査に通らないのではないか、と不安になりますが、意外にも名の知れた金融会社でも、審査が比較的緩いところがあります。

ある金融会社では、20歳以上70歳未満であれば、申し込み前に仮審査を受けることでキャッシングが可能かどうかがある程度チェックできます。この仮審査は、各金融会社のホームページで、生年月日、性別、既婚がどうか、他の会社での借入状況を入力するだけの簡単なものです。さらに金融会社が期間限定で行っているキャンペーンを利用すれば、金利が無料になる場合もあり、より審査も通りやすくなります。

申し込みは、パソコンや携帯電話から24時間できますし、申し込み内容確認と審査の結果の通知も電話またはメールで行われます。そのため、最速で30分で審査が終了します。その後の本人確認書類送付もインターネット上で行うことができるので、即日契約が決まります。もし、審査に通らなかった場合もすぐに次の会社での審査に臨めるので、時間の節約になります。

四国のキャッシングアストとはどんな感じの会社でしょうか?

四国のキャッシングアストとはどんな感じの会社でしょうか?

趣味の登山に使う費用の為にキャッシングを利用したいのですが、色々な会社があって迷っています。愛媛県在住なので地元の金融会社らしいキャッシングアストがどんな会社か知りたいです。詳しい方、お願いします。

四国、九州、沖縄に展開する消費者金融会社です

平成19年に設立された比較的若い会社ですね。四国に4店舗、九州に5店舗展開されていて、本店は愛媛県松山市で営業しています。現在インターネットでの契約は行っておらず来店、または電話で申込みをするというシステムになっています。キャッシング申込みの条件は、20歳以上で安定した収入があることです。未成年者、無職の方は対象外のようです。

融資金額は5万円から100万円で実質年率は下限が14・9285%上限が17.9125%となっています。ただし100万円以上の融資も条件によっては可能なようですので、希望される場合は相談してみてください。融資の使用用途はフリーとされています。返済方式は元利均等返済、返済期間は最長で2年9ヶ月、回数は最高32回までです。

担保、保証人は原則不要とされていますが、100万円以上の融資を希望される場合は連帯保証人を必要とします。契約の時に必要とされる書類は、運転免許証や健康保険証などの本人確認書類ですが、場合によっては収入証明書が必要とされるようです。どのような場合に必要かというと、お客様の借入額が他社の分を含めて総額100万円以上となる場合と、アストからの借入額が50万円を越える場合です。また、審査に必要だとアスト側が判断した場合も提出が求められるようです。

四国九州地方のご融資は借りて安心のキャッシングアスト

キャッシングアストは、九州・四国・沖縄に9店舗を展開する金融会社です。平成19年創業で、日本貸金協会にも登録している信頼のできる会社です。キャッシング、個人事業主ローン、自動車ローン、不動産担保ローン、住宅リフォームローンが利用できます。20歳以上で定収入のある方であればローンを申し込めます。主婦やアルバイトをしている方でも、定収入があれば借入は可能です。店舗に直接行くか、電話申し込んでください。インターネットの利用はできません。夕方6時までに必要書類を準備できれば、当日の融資が受けられます。

キャッシングは、5万円から100万円まで、返済は2年9カ月の間で32回までの分割払いが可能です。金利は14.9%~17.9%。本人確認書類として、運転免許証、保険証などが必要です。収入証明書は、50万円を超える借入の場合、他社との合計借入金が100万円を超える場合のみ必要です。

個人事業者ローンは、5万円から95万円まで利用できます。返済期間と金利はキャッシングと同じです。担保や保証人は必要ありませんが、本人確認書類、確定申告書、営業許可書などを提出してください。

自動車ローンは、新車をご購入の方が利用できるローンです。利用額は10万円から300万円です。金利は7.3%から17.9%まで。返済期間は最長4年で、47回までの分割払いが可能です。未成年者のみ連帯保証人が必要で、購入した車が担保となります。本人確認書類の他に、キャッシングと同様の条件がある場合に収入証明書を提出してください。

不動産担保ローンは、不動産(土地、土地付き建物、マンション)を担保にするローンです。ご自分所有の不動産ばかりでなく、ご家族やご友人の不動産も担保にできます。利用は、50万円~5000万円までで、金利は5.8%から17.9%、返済は最長5年1か月で60回までの分割払いが可能です。本人確認書類、収入証明書、登記簿謄本、評価証明書など担保物件に関する書類が必要です。

住宅リフォームローンは、10万円~1000万円の利用額で、金利は17.3%から17,9%まで。返済期間は最長5年1か月で60回までの分割払いが可能です。100万円以上借りる場合は、連帯保証人または不動産担保が必要です。本人確認書類、収入証明書、請負契約書など不動産の改良とその金額を証明する書類も準備してください。

このようにキャッシングアストは、さまざまなローンが組めますので、目的に合わせて利用してみてはいかがでしょうか。

低金利のキャッシングが出来る会社を教えてください

低金利のキャッシングが出来る会社を教えてください

自動車を自宅の壁に衝突させてしまい修理費が必要となりました。とりあえずキャッシングで20万円借りて仕事に必要である自動車を先に修理に出したいと思っています。そのあと、家の修繕代も必要になるので修理代の方のキャッシングはなるべく低金利の会社を選びたいのですが、どこかいい会社はないでしょうか?

どの会社でも借り入れ金額によって金利は変わってきます

低金利といいますとついついその会社の下限金利を見て会社を決めてしまいそうですが、実は借り入れ金額によって金利は変わってきますのでそこだけを見て決めるのはやめておきましょう。大抵の会社で下限金利となるのは借り入れ額が最大利用限度額の場合です。あなたの場合は借り入れ希望額が20万円ということなのでおそらくは表示された利率のなかの上限金利が適用されることになります。ですのでなるべく低い金利の会社を選びたいのなら上限金利の数字をチェックしましょう。

そう考えて各会社を比較してオススメのところを探してみますと、まず『三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック』があげられます。上限金利は14・6%という低さですし、銀行系カードローンであるという安心感もあります。同じく銀行系では『オリックス銀行カードローン』があります。上限金利は17・8%です。オリックスは最低返済額が7000円からとなっていますので毎月の返済額を低めにしたい場合は助かります。ただ、銀行系は低金利な分、審査がやや厳しい傾向があるようです。

消費者金融会社では『プロミス』の上限金利が17.8%と比較的低めです。またプロミスでは30日間無利息キャンペーンというものを行っています。プロミスポイントサービスに申込みをされた方が受けられるサービスです。この無利息キャンペーンというのはまとまったお金を借りる時には便利です。銀行系の『レイク』は金利は18・0%ですが、初めての方にかぎり30日間無利息を行っています。金利の低さも大事ですが、月々の最低返済額やこういう会社独自のキャンペーンも視野にいれておくと返済が順調にいくでしょう。

低金利のキャッシングならローンも安心返済できる

銀行や金融会社でのキャッシングを利用する場合は、お金が手に入るまでどれくらいかかるか、最高いくらまで借りられるのかを知る必要があります。そして、もうひとつ押さえなくてはいけないのが、借入れの金利がどれくらいかかるかです。当然のことですが、金利が高ければ返済の額も増えます。

金利は借りるお金の額で決まります。借入の限度額いっぱいに借りるのが最も金利は少くなります。また返済期間を短くすることで金利は少なくなります。自分がどれくらいお金が必要で、返済期間がどれくらいかかるのか、総合的に考えて無駄な金利にお金を費やさないようにすることが肝心です。また、金融機関によって、金利が少しずつ異なります。銀行と金融会社の金利をいくつか比較してみると、借りる金額によりますが、2.5%~18%くらいの間の金利設定になっています。

銀行も金融会社も自己資金だけで運営しているのではなくて、必ずどこかから資金を借りて金利を払い、銀行や金融会社の利用者が払う金利との差額で収益をあげています。銀行は日本銀行、預金などから、金融会社は銀行、信用金庫などからお金を借りていて、その際に金利を払っているのです。

その金利が低いほど、銀行、金融会社が利用者に要求する金利が抑えられるという訳です。そして、金利が低ければ低いほど、利用者に確実に返済してもらえる可能性が高くなるということです。言いかえれば返済がより確実になればなるほど、その金融機関の信頼度も高いと評価されるのです。つまり、低金利でサービスを提供する機関を選ぶほうが、返済のリスクも少ないのです。ですから、利用者にはできるだけ低金利でのキャッシングをお薦めします。

銀行より消費者金融の方がローン審査が緩いんでしょうか?

銀行より消費者金融の方がローン審査が緩いんでしょうか?

昨年、会社が倒産してしまったので現在は専業主婦状態です。急に収入が減ってしまったので家計のやりくりが大変です。カードを作ってお金の借り入れをしたいのですが、銀行と消費者金融のどちらがオススメでしょうか。銀行より消費者金融の方が金利が高い分審査が緩くて主婦でも審査に通りやすいんでしょうか?

一概にそうとは言えない場合があります

消費者金融の方がカードローンの審査が緩いというのはよく言われていますよね。大手の業者だと、利用者の数が多い分柔軟な対応をしてくれる面があると思います。
また、確かに銀行の方が最高年率が15%前後と金利が低く、消費者金融の方はそれに比べると17~18%と高めです。そこを審査の時に会社が考慮しているのは確かなようです。

ただ、それで銀行の審査は厳しい、消費者金融は緩いと言いきれるかというと決してそうではないんですね。2006年に貸金業法が改正されて総量規制という仕組みが作られました。総量規制は『貸付の限度額は年収の3分の1まで』という法律です。消費者金融はこの規制を受けますので収入の無い人(無職や主婦の方)には、原則お金を貸せないことになっているんですね。ですから、専業主婦状態である今のあなたには消費者金融の審査に通るかは厳しいと思います。

ですが、家計を預かる主婦としてはそこで諦めるわけにもいきませんよね。旦那様の方はカードを持っていらっしゃるでしょうか?そのカードが対応しているならばの話ですが、『家族カード』を作るという方法があります。家族カードは旦那様の持つカードに付随するものと同じサービスを受けられる家族用のカードです。支払い明細書、引き落とし口座が同一になってしまいますので旦那様にお金の使い方が筒抜けになってしまうという弱点?もありますが家計の管理には便利だと思います。

また、最近ではアルバイト、パートでも定期的に安定した収入があるならばカードを作ることが出来る会社もあります。主に総量規制の対象外である銀行が対応しているようです。すぐに正規での再就職は無理でもとりあえずパートで半年間程お勤めすれば利用限度額は小額でしょうが、とりあえずカードが作れる可能性は高くなります。大変でしょうがカードを上手に利用して今の苦しい状況をを乗り越えられるよう頑張ってください。

ローン審査が格別緩い銀行やローン会社をお教えします

お金を借りるときに一番心配なのが、借入申し込みはしたけれど、審査に落ちてしまうということです。金融機関を何社もあたるよりも一発で審査に通りたいというのは誰しも思うことです。アルバイト、主婦、学生など定収入がなかったり、収入が少なかったりする人、また今までに借金をしていてまだ返済が終わっていない人は、特に不安に思うでしょう。

信頼度という面では、銀行のカードローンがお薦めです。銀行の借入の審査は厳しいという先入観があるかもしれませんが、インターネットの口コミ情報などでは、意外に簡単に審査に通ったという例もあります。アルバイト、主婦、学生も銀行でのローンが可能ですので、まずは銀行を利用することを考えてみてください。

他の金融機関に借金があって、まだ返済が終わらず、銀行の審査に通りそうもない場合は、銀行以外の審査の甘いローン会社のランキングを調べてみましょう。ただし、審査が甘いということは、信頼度も低い場合が少なからずあります。お金を借りた後に、返済が困難になったり、ますます借入が重なったりしないように、お金を借りる金融会社についての下調べはしっかりと行うことが大事です。

最後に、一つ注意したいことがあります。それは、審査の基準ばかりに目を奪われないで、借入後の金利についても事前に確認をしておくことです。金利が高いということは、借入金を払う時に損が大きいということです。必ず銀行や金融会社を何社か比較検討して、自分が返済できる範囲の金利を設定している会社を選んでください。